かなう「満足」の多さ

自分が住まう場所、営む場所の捉え方にも多様性が生まれてきています。
ライフスタイル、ワークスタイル、子育てを考えるとき、
みんながみんな「環境」に100%満足できているのか。お察しの通り答えはNoです。
家づくり、お店づくりの我慢や妥協に直面したとしたならば、
「リノベーション」という選択はあなたにとっての希望になるかもしれません。
住居にかけるコストをご自分で設定し、暮らしたい町で暮らしたいように、暮らす。
満足の多さこそがリノベーションの魅力です。

WHAT’S RENOVATIONリノベーションとは

リノベーションの目的は
「用途」を変えること

リノベーションとは、ひとことで言えば「環境の用途を変える」こと。
リフォームとは、もともとの用途に沿った補修や設備の入れ替えを指すことになります。
このリビングの場所はもともとキッチンであった、とか
この押入れの場所はもともとお風呂であった、なんてことも。
リノベーションは、物件の特徴を捉えながら、隅から隅までをゼロベースで考え直し、
「よりアナタらしい」暮らしやしごとの環境を創り出すことを目的にしています。

平面図

Before

平面図

After

リノベーションとは「用途を変える」ということ。もともとは和室中心の2DKだったマンションの一室をスケルトン(壁などの間取りを取り除いた状態)から考え直すことによって、そこにはなかった広く開放的なLDKと2つの洋室に様変わりします。もちろん採光や周囲の景観を、お施主様のライフスタイルからご要望に至るまでを総合的に勘案した結果です。

START FROM SKELETONすべてはスケルトンからはじまる

安心と「変化」を享受するために、
スケルトンから考えるリノベーション。

「スケルトン(SKELETON)」とは、中古物件の以前の姿(内装)を取り外した空間のこと。
リノベーション以前の姿の流用では、お客様にとっての「良い環境」を実現するには程遠く、
自由な間取り設計の選択肢を狭めてしまいます。
また、内装を剥がすことによって物件そのものの潜在性(本来の採光や間取りの拡張性)や安全性を再確認し、
安心して永くお過ごしいただくためのリノベーションを可能にします。

Phase
1

リノベーション以前の姿

Phase
2

スケルトン

安全性能の
確認

電気配線や水回りの配管の劣化の発見に繋がります。中古物件を安心して使っていただくために、これらの確認は欠かせません。

設計自由度の
確認

建造のために主要になる柱や梁の位置を事前に詳細に確認することで、お客様の希望する自由な間取りに近づけていきます。

潜在性の
確認

スケルトンにすることで建物の構造を隅々理解し、中古物件が持つ特性を十分に生かしたリノベーション設計が可能になります。

Phase
3

内装を新たにした姿

Phase
4

お客さまの「良い環境」へ

OUR RENOVATIONAC15のリノベーションの特徴

AC15のリノベーション

もともと新築物件の設計・施工も取り扱うAC15。新築の「当たり前の良さ」を追求するなかで、
コストパフォーマンスが伴いながらもライフスタイルを追求できる「リノベーション」の可能性に着目しました。

重要なのは新築もリノベーションも「お客様にとっての良い環境」づくり。

むやみな実績主義ではなく、一棟一部屋の出来上がりが、
施主様の「自分らしさ」にコミットしているかどうかを最重要目的としています。
AC15のリノベーションへの向き合い方は、至ってシンプル。
私達が提供するリノベーションは、下記の工程に沿って進められます。

完成までの流れ
無料相談 / 無料プラン

01

最初のご相談ご予約・資料請求

まずはお問合せフォームやお電話・メールにて、
最初のご相談日程やお客様の情報をお教えください。

02

[ 最初のご相談 ]顔合わせ & 住まいのヒアリング

AC15にご来社いただき、「住まいのヒアリングシート」をご記入いただきます。
その後、デザインや資金などについて、お客様のご要望やライフスタイル、ご予算をじっくりとヒアリングいたします。

03

ファーストプラン・資金相談

「住まいのヒアリングシート」と、お聞かせいただいたご要望をもとにファーストプラン、間取りのご提案をさせていただきます。
ファーストプランをもとにご要望に合っているのか、検討を重ね、ご予算とのバランスを整えていきます。

04

お見積り・プラン・資金の決定

前回までのお打ち合わせを基に、お見積りをさせていただきます。
お客様がご納得いただいた時点で、プラン・おおよその資金計画が決定いたします。

完成までの流れ
工事準備期間

05

工事請負契約書の締結

お見積り、プランと資金計画が決定した段階で、お客様と当社の間で工事請負契約書を締結いたします。
その後、プランをより細かい図面におこした上でお打合せがスタートいたします。

06

設計図面完成

図面のお打合せには、設計・設備・仕様・コーディネートの打ち合わせを行います。
お客様と工事スケジュールの確認をし、着工工事に移ります。

07

変更契約確認書の締結

設計・設備・仕様の決定の際に追加変更工事が合った場合、変更契約確認書の締結を行います。

08

近隣へのごあいさつ

工事開始前日までに、担当者がご近所の方々へ工事内容や日程等の説明の為、ご挨拶に伺いますので、お客様自身のご負担はかかりません。
(同意書等はお客様からご提出願います)

完成までの流れ
着工から完成まで

09

工事開始

いよいよ工事がスタートします。工事の管理は当社が責任を持って行います。
なお、工事の進捗状況を適時ご報告させて頂きます。
少しでも気になったことがございましたら、担当者に何でもご相談下さい。

10

完了検査

AC15ではお客様ご自身による検査の前に社内スタッフによる入念な検査を行います。
社内検査後に、お客様の検査をおこなっていただきます。

11

完成・お引渡

待ちに待った「自慢できる家」が完成です。
お客様に満足してもらい、笑顔でお引渡し出来る様に、当社では全行程を一つ一つ大切に行わせていただきます。

12

アフターメンテナンス

長期にわたってお住まいの維持管理をバックアップします。
住み始めてからすぐ・四季を通しての疑問・質問などを含めアフターフォローを継続的におこなってまいります。

YOUR VALUE > YOUR COST価値とコストの考え方

予算以上の価値を共につくりだす

家づくりにおいて、
ご自分が賭した予算に対して結果を追求するのは施主様の当然の権利です。
AC15が追求するのは「よい環境」という結果。
「高い予算に相応の設備」といった考え方ではなく、
「予算以上の価値を感じる、自分だけの環境」づくりこそがAC15のリノベーションです。
私達AC15スタッフも一緒に目的を叶えた実感が湧き上がるというもの。
「よい環境」が出来上がったときに、共に喜び合える仕事を心がけています。